• パナソニックセンター東京様

  • マルチビジョンサイネージシステム「シンボルビジョン」

  • 「パナソニックセンター東京」が、55インチ液晶ディスプレイ12台によるマルチビジョンとデジタルサイネージNMstageによる「シンボルビジョン」を導入 

  • 概要・特長

    パナソニックセンター東京では1階のリニューアルに伴い、「くらしやビジネスを変える、“Wonder”な情報を発信」するビジョンとして、新発想のタワー型サイネージ「シンボルビジョン」を設置し、コンセプト映像やフロア案内、時報などのコンテンツ放映を開始しました。
    この3本のビジョンはパナソニックの「先進」「洗練」「信頼」という3つのブランドバリューを表現しており、「高さのある空間に、他のどこにも無い、インパクトある映像装置を設置したい」という要望を実現したものです。 




  • パナソニックセンター東京

  • 高さは6.2m(液晶部分4.9m)

   
  • 超狭額ベゼルでシームレスな55インチマルチスクリーン対応LED液晶ディスプレイを、縦4面3列に大胆に設置。デザイン性を重視したスタイリッシュな支柱に取り付けたディスプレイは、左右に回転させる事も可能で、イベントや時間に合わせ、より効果的な演出をする事が可能となっています。
    映像の送出にはマルチディスプレイ出力対応のサイネージシステムNMstageを使用して、4面1列で1080×7680の高解像度を実現すると共に、時刻同期機能により3列を1面とした大画面放映も可能としています。
    また、コンテンツ制御はNMstageの制御アプリケーションを活用する事により、タブレットPCから画面タッチでの放映コンテンツ変更や、カメラLIVE映像への切り替えも可能なので、お客さまのご案内をしながらその場に合った映像にタイムリーに切り替える事ができます。 

  • ボタン一つで簡単に左向きに。またそれぞれ違うコンテンツを流す事も可能

  • 左右をハの字開きに

  • 右向き

  • シンボルビジョン後側

  • 中央下部にはカメラがついており、LIVE映像への切り替えも可能

  • パナソニックセンター東京のシンボルとして記念撮影をしている人も多く、イベントでも使用されている。(五輪イベントのスキージャンプゲームで盛り上がる館内の様子)

   
  • 主な納入機器

  • 主な納入機器

    ・55インチ液晶ディスプレイ TH- 55LF50J 12台
    ・NMコントローラ AF-NMCT32XG 3台
    ・ネットワークカメラ DG-SP509 1台