• 株式会社ヤクルト本社様 富士裾野工場

  • i-PROシリーズ 工場見える化システム・DEJIDON

  • 『乳酸菌飲料の充填・包装工程に、i-PROシリーズのカメラ/レコーダーとDEJIDONサーバーによる「工場見える化システム」を導入』

ヤクルト「プレティオ」の充填・包装工程の天井に取り付けられたネットワークカメラ

  • 生産工程における各種トラブルの状態確認や映像検索を容易に実現

    株式会社ヤクルト本社様の富士裾野工場は静岡県裾野市の20万m2の広大な敷地の中に立ち、「ジョア」や「プレティオ」などを生産されてます。今回、充填・梱包工程にネットワークカメラ、レコーダーとDEJIDONサーバーによる「工場見える化システム」が導入されました。
    ヤクルト本社様独自の生産設備稼動監視システムと工場見える化システムを連携させることにより、アラーム信号でカメラや録画を制御し、生産工程における各種トラブルの状態確認や映像検索を容易におこなっています。

  • 富士の裾野の20万m2に広がる国内主力工場

   
  • システムの概要

    主力製品の「ジョア」や「プレティオ」などの充填・包装工程は第一工場棟にあり、年間4万人を越える見学者コースにもなっています。この工程内の5ヵ所にネットワークカメラ(DG-NS202A)を設置し、生産ラインの動きを常時チェックしています。
    生産設備稼動監視システムからの4,000種類以上のアラーム信号を受け、カメラのパン/チルト、ズームを連動制御、同時にネットワークディスクレコーダー(DG-ND400)に記録することで、トラブル発生の“その時”を「見える化」するとともに、生産設備稼動監視システムとの連携により瞬時に録画した映像を再生することで、数値データだけでは判らなかった生産現場の課題確認・分析を可能にしています。

  • 生産設備稼動監視システムとの連携で異常発生時に映像を簡単な操作で確認

  • DEJIDONサーバーとネットワークディスクレコーダー

   
  • システムの特長

    5台のネットワークカメラ(DG-NS202A)を工場内の天井部に設置しています。さらに移動用として1台(DG-NS202A)採用。ノートパソコンにつなぎ無線LANを介し、天井からでは見にくいポイントや異常発生ポイントを重点的にチェックすることができます。各カメラはパン/チルトの高速旋回や高倍率・光学ズームが可能で、作業や工程の詳細な情報が得られます。

  • プリセットコンビネーションネットワークカメラ(DG-NS202A)+ハウジング

  • プリセットコンビネーションネットワークカメラ(DG-NS202A)

   
  • ・設備稼動監視システムと工場見える化システム・DEJIDONの連携によるトレーサビリティ。

    生産設備稼動監視システムからのアラーム信号を受け、ネットワークカメラを制御、異常発生個所をタイムリーにネットワークディスクレコーダーに録画し、映像での「見える化」を実現します。DEJIDONシステムに蓄積された履歴データと映像をひも付けすることで、さまざまな条件で絞り込み検索がおこなえ、過去にさかのぼって停止情報や異常情報を映像とともに確認、原因究明など追跡調査が可能です。

  • 左が「工場見える化」モニター、右は生産設備稼動監視モニター

  • DEJIDONサーバー、 ネットワークディスクレコーダーを収納したシステムラック

   
  • システム構成図

  • 主な納入機器
    ソリューション

  • 主な納入機器

    プリセットコンビネーションネットワークカメラ DG-NS202A x6
    ネットワークディスクレコーダー DG-ND400 x1
    工場見える化システム基本ソフト Z-APTF30A x1

    DEJIDONサーバーソフト Z-APTF80 x1
    DEJIDONサーバー本体 x1
    ノートパソコン(Let`s Note) x1