• 各務原市教育委員会様

  • フラットディスプレイ

  • 準備期間は2年間! 慎重に機器を選定し電子黒板などICTシステムを全小中学校・全クラスに導入

動画など手作りの教材を電子黒板に映し出し、子どもの興味、関心を喚起。教室では活気にあふれた授業が展開されていた(那加第二小学校)

  • ご導入の経緯


    各務原市では2015年9月1日、市内の小中学校全25校、457学級 全てに電子黒板などのICT機器を導入されました。その経緯について、各務原市教育委員会様にお話を伺いました。

    子どもたちにとって効果的な学校ICT化のあり方を検討
    学習指導要領で情報教育やICT機器の活用など『教育の情報化』の充実が求められるなかで、各務原市教育委員会様は、子どもたちに確かな学力の定着と豊かな心の育成を図るために、2013年から2年間にわたり、効果的な『学校ICT化』のあり方を検討されてきました。小中学校4校で行われたモデル事業では、学校現場や子どもの実態に即した適切な機器の選定などが慎重に行われたといいます。「子どもたちにとって、より“分かりやすい授業、学びやすい環境”をつくっていくために、機器の操作性、即時性などの機能面の確認や効果的な指導法の研究、また、望ましい機器の配置環境の検討など、日々の授業実践を通して学校現場の声を聴きながら試行錯誤してきました。」と当時を振り返られます。
    ― このモデル事業で検討された結果、黒板と併用可能なスタンド式のディスプレイ一体型の電子黒板が採用されました。

    全ての学校の全ての子どもたちに同じ教育環境を整備することを重視
    モデル事業では、機器の使い勝手だけでなく、学習に対する子どもの興味、関心や理解を導くための補助的機能としての有効性が確認できたとのことです。また、子どもたちが電子黒板を使って発表することで仲間と交流しやすくなり、思考力・表現力の育成やコミュニケーション能力の向上にも効果が確認されました。こうした検証結果から、操作性に優れ、授業などのツールとして有効に活用できる電子黒板や書画カメラ、デジタル教科書、デジタルビデオカメラ「ぼうけんくん」を全ての学校の全ての子どもたちが活用できるよう整備されることになりました。

  • 各務原市教育委員会(産業文化センター)

  • (鵜沼中学校)

  • 部屋を暗くする必要がないため、黒板との併用が可能。従来からの授業スタイルにICT機器を効果的に組み合わせることで、子どもたちの理解をより深めることができる(鵜沼第二小学校)

   
  • 運用面や操作面を徹底的に追求
    「全ての教員や子どもたちが無理なく、容易に扱うことができること」これが、各務原市教育委員会様のICT機器導入にあたっての重要なポイントでした。専門的な知識や技術が必要であったり、一部の教員しか使いこなせなかったりでは、授業を停滞させてしまいます。そこで、全校導入の前に、機器やシステムの使いやすさを徹底的に追求されました。例えば、利用頻度の高いコンテンツをアイコン化し、電子黒板上で“NAVIメニュー”として表示。全ての学校のトップ画面を統一されました。学校現場からは
    「Windowsのトップ画面に比べて使いやすい」「どの教室も同じ画面が立ち上がるので戸惑うことがない」
    といった声があがっています。また、操作に困ったときは“強制終了”ボタンを押し、“NAVIメニュー”ボタンを押せばトップ画面に戻ります。そんな安心感がICT機器に不慣れな先生方にも受け入れられた理由であるとのこと。さらに、校内のネットワークの“教材フォルダー”も特徴的。先生方が、このフォルダーに自作した教材などを格納しておくことで、誰でも、どの教室からでも、その教材を利用することができます。

    電子黒板専用キャビネットも各務原オリジナル
    より安全なものに、より扱いやすいものにとの思いから、電子黒板のキャビネットにもオリジナリティが見られます。段ボールを使ってサンプルをつくり、サイズや形状などを工夫されました。また、電子黒板とパソコンの電源の連動も工夫されたことのひとつ。キャビネット内に収納されたパソコンの電源を入れると、電子黒板が立ち上がり、電子黒板のメニュー画面から“パソコン終了”アイコンを押すと、電子黒板とパソコンの電源がOFFできるようになっています。そんな簡単操作が、先生方の準備や後片付けの省力化と、スムーズな授業の切り替えに役立っています。

  • デジタル教科書を活用した授業。指で書いてもなめらかな書き心地。子どもたちも容易に扱え、機能を十分に活かすことができる(陵南小学校)

  • 各務原市教育委員会様の創意工夫が反映されたキャビネット

   
  • 主な納入機器
    ソリューション

  • ●「電子黒板」
      TH-50LFB70J ×432台
      TH-50PB2J ×25台

    ●「ぼうけんくん」
      HC-BKK1 ×81台