SOLUTION Japan 2019出展商材のご紹介

業務
効率化

5G時代の高精細スタジアム映像配信

展示概要

スタジアム内で撮影された様々な新感覚・高精細な映像を、5Gを活用して効率的に配信するスタジアム映像配信システム

  • お困りごと

    1. 大型機材の利用・有線による配信のため、撮影者の負担が大きく、また撮影、ケーブル処理など複数の撮影人員が必要

    2. 専用回線の敷設などの設備投資が必要である割に使用率が低い

    3. スタジアムの集客率・稼働率が伸び悩んでいる

  • お役だち

    1. 配信機材の小型化・ワイヤレス化による作業効率UP

    2. 回線工事不要で設置が容易。パブリックビューイング設営・運用も容易にでき、運用効率UP

    3. 来場者のみの特別映像配信による集客率UP。また、アウェイ時のパブリックビューイング提供も容易にでき、スタジアム稼働率UP

  • 導入効果

    導入費用、運用コスト、作業負担を抑えると同時に、来場者に対して新たな観戦体験を提供することができ、会場の稼働率およびそれに伴う収益増加が見込まれる

特長
  1. 小型化・ワイヤレス化により、カメラマンが自由に移動しながら一人で撮影可能。移動やユーザトラフィックの急増などで帯域が変動する場合でも、帯域に合わせた適切なレートで安定して4Kなどの高精細映像を伝送可能
  2. ケーブルレス、回線工事レスで、大規模なLAN工事の必要なく拡張可能
  3. 顧客端末にて多彩なアングルからの多視点視聴や決定的な瞬間を見逃した場合の振り返り確認など、新感覚映像視聴体験を提供可能