SOLUTION Japan 2019出展商材のご紹介

業務
効率化

カメラセンシング(画像認識)による遠隔保守システム

展示概要
  1. 監視対象の識別機能
    カメラから取得した画像内から監視対象をAIで⾃動識別
  2. データ表⽰機能
    監視対象の状態を解析、データ化し現状況や予測を表⽰
  3. 通知機能
    監視設定を⾏うことで、状態に応じて通知
  4. データ保存機能
    取得したデータを逐次保存
  • お困りごと

    • 監視を⽬視確認にて⾏っているため、監視業務の負担が⼤きい

  • お役だち

    • AI画像解析でアナログ情報のデジタル化を⾏い、監視の⾒える化をサポート

  • 導入効果

    • ⽬視でしか確認できない監視のデジタル化で保守・監視作業の負担軽減に貢献

特長
  1. クラウドによるデータ管理で監視業務のリモート化
  2. AIが業務を代替することで監視業務負担を軽減
  3. データのデジタル化で業務の効率化